地球は許さない

地球は許さない

アースデイ50周年

4月22日は、地球環境に考える日として提案された、アースデイ(地球の日)だった。

英語ではEarth Dayとして、イタリア語ではGiornata della Terra(ジョルナータ・デッラ・テッラ)として知られる。

きっかけは、1970年にカリフォルニアで大規模な原油流出事故が起きたとき、多くの鳥や海洋生物が死んでしまったことを受け、大気汚染なども含む環境の悪化の改善を訴えて、市民が政府に抗議したことだった。

今年はそれから50年目だが、地球環境は悪化の一途を辿っている。

その結果が、このコロナウイルスの流行であり、世界的な山火事や集中豪雨、ハリケーンである。

今年のアースデイには、ローマ教皇フランシスコも、教会の教えの解説(カテケージス)の一環として、スピーチを行った。

キリスト教は、環境問題をどう考え、どう向き合っていくのか。

ヨーロッパの精神的リーダーであるフランシスコ教皇は、社会に何を願うのか。

スピーチの内容を読んでみよう。

1 2 3 4
地球は許さない

If you like this article, please
Like!

Let's share this post!

コメント

To comment

TOC
閉じる