イタリアの最新のニュースを読みたい、イタリアの文化に触れたいあなたへ。

2010年 イラクからの帰還兵がホワイトハウスの前で行ったスピーチ

2010年の12月、イラクからの帰還兵がホワイトハウスの前で行ったスピーチ。

彼はこのスピーチの後、他の130人の帰還兵と共に拘束されたそうです。

イラクの帰還兵から アメリカへのメッセージ

俺たちは、すべての海陸軍、すべての兵士たちに言う
この戦争犯罪に拘る必要はない
俺たちには権利がある
利益のために、殺したり、死んだりする必要なんてない
俺たちはイラクへ行ってきた
俺たちはアフガニスタンへ行ってきた
そしてこの戦争の正体を知っている

俺たちはいろんな理由があって、兵士になった
大学に行くためだ
仕事を得るためだ
医療を受けるためだ
そして軍隊に入ると、「やつら」は言った
俺たちの敵は、アフガニスタンに暮らす貧しい人々だと
俺たちの敵は、イラクの砂漠に暮らす、貧しい人たちだと

だけど、俺たちはそこに行き、
本当の敵は外国の貧しい人々ではないと知った
本当の敵は
俺たちに仕事を与えないやつら
俺たちが大学に行くことをできなくしているやつら

俺たちの敵は、この星の一番貧しい人たちじゃない
本当の敵は、ここにいる
一番金持ちのやつらだ

アフガニスタンとイラクを占領するだけで、一日に7百億円かかっている
毎日、7百億だ
これは犯罪だ
罪のない人々に爆弾を落とすより、1日7百億あれば、もっといい使い道があるはずだ
この国の多くの人も、同意してくれるだろう
1日7百億あれば、俺たちが壊したあの街を、再建できる
1日7百億あれば、家族の元に戻った兵士を、助けることができる
1日7百億あれば、国民全員が、医療を受けることができる
大学も、仕事も、生活費も、家も、与えられるんだ
俺たちはお金をそういう風に使いたい

しかし、この政府はそうしない
そういうお金の使い方はしない
この戦争を終わらせようとはしない
なぜか?
これが「俺たちの」政府じゃないからだ
これは「やつら」の政府だ
金持ちのための政府
ウォール・ストリートの政府
石油王の政府
利権主義の政府だ

そしてあいつらと話すには、いつものストライキしかない
それを、今ここでやろうじゃないか
戦争が終わるまで
この紛争がこれからも続き、他国まで広がっていくことは、火を見るよりも明らかだ
この戦争はひどくなる
この戦争はずっと続いていく
もしこの戦争を止めたいなら
我々は立ち上がって、自らの手で止めなければならない
友よ
一緒にやろうじゃないか

人々は聞く
「どうすればいい?」
悪い状況を知ってるから
残虐な光景をテレビでも観てるから
読んで、経験しているから

人々は聞く
「どうすればいい?」
どうしたらいいか、知りたがっている
投票?政治家を支援する?組合に入る?
どうしたらいい?

俺が教えよう
簡単なことだ
戦うんだ
戦って、戦って、戦い続ける
ストライキする
学校を閉める
道路を閉鎖する
そしてあそこにいるやつらに
俺たちの要求を飲ませるんだ
そうするしか方法はない

そして戦い続ける
爆弾が落とされない その日まで
銃声がやむ その日まで
もう車椅子に乗った兵士が帰ってこない その日まで
家族が誰も殺されない その日まで
そして、米国の帝国主義が終わる 最後の日まで

だから行動を起こそう
それは今日、今からだってできる
そしていつか
この戦争を終わらせよう
そしてより良い世界を作ろう
友よ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *